岩井山延算寺の紅葉

紅葉が鮮やかな山の麓に建つ由緒正しいお寺。
その昔、小野小町が病を癒したという伝説もある「かさ(痘)神様」としても信仰されています。
岐阜駅からはバスに乗って40分、「岩井山かさ神口」で下車しましょう。五平餅と味噌が焼けるいい匂いにつられて歩いて行くと、東院に到着です。
ご本尊の薬師如来は、比叡山や揖斐郡横蔵寺の像と同じ木を使っているそうで、毎年5月5日にご開帳されます。
香ばしい匂いと煙が立ち上る田楽屋さん。店先で焼いている味噌の香りがたまりません。
名物の豆腐田楽!お店を訪れた方のほとんどが注文する人気メニューです。
ふわふわの豆腐に絡む甘辛ーい味噌が絶品で、何本でも食べられそう。
こちらの五平餅は小さな丸いお餅が3つ繋がったかたち。お団子みたいで食べやすく、カリッカリで美味い!
メニューにあるのを見つけて、つい頼んでしまった茶碗蒸し。ムチムチと弾力のあるかまぼこや鶏肉、銀杏、椎茸、お麩など具材たっぷりで大満足!

紅葉の向こうに広がる田園風景が青く溶けて、とても好きな色合いになりました。
東堂から5分ほど歩いたところには本院がありました。参道の山道は足元はきちんと整備されていますが、頭上には赤く色づく絶景が待っています。
緑から紅へと移り変わるグラデーションがとっても綺麗。見頃は11月下旬です。

紅葉を眺めながらゆっくり歩いて、本堂に到着。紅葉に囲まれた門構えがしっとりと落ち着いた雰囲気です。

庭師の方が丹精込めて手入れされており、とっても綺麗な庭園でした。